会社にばれないようにお金を借りる方法

お金を借りるために銀行や消費者金融に申し込むと行われる審査の中では、勤務先に在籍確認をします。在籍確認は、申込者が申告した勤務先が存在し、勤務実態があるかどうかを確かめる目的で行われるもので、通常は申込先のスタッフが電話をかけて確認します。電話では、会社にばれないか心配な申込者がいることに配慮し、社名は一切なのらずに話をしますが、申込者の中にはそれでも会社にばれないかが不安な人が少なくありません。なぜなら、電話の応対をした社員が、過去に同じようにお金借りる経験をした人だったり、勘が鋭い人だったりすると、お金を借りると推測されてしまう可能性があるからです。

しかし、現在では申込先によっては、完全に会社にばれないようにお金を借りる方法が用意されています。それは、勤務先に在籍していることを証明する書類を提出する方法で、会社にばれないか不安な人はこの方法を利用すれば誰にも知られずにお金を借りることができるでしょう。

勤務先の在籍証明ができる書類には、有効な健康保険証と直近の給与明細書があり、どちらか1点を利用することができます。ただし、健康保険証を選択すると本人確認書類で保険証を用いることができなくなり、別の身分証明書を1点用意しなければならなくなります。また、収入証明書類が必要となる内容の借り入れをする場合は、給与明細書を選択するとこの書類を収入証明書類として利用することができず、代わりの書類を準備する必要があります。提出書類はこの点を留意した上で準備しましょう。